北前船とは

北前船とは

kitamae

江戸時代から明治時代にかけて北海道と京都、大阪などを日本海回りで結び、近世物流の大動脈を担った「北前船」。船主が荷主として日本海の各港を寄港し、買い積み商法と呼ばれる新しい形態の商売を確立していきました。現代に言うならば動く商業商社です。日本海側の各港は、その交易品の商いで大きな賑わいを見せたのです。
成功すれば莫大な利益を生みますが、失敗すれば大損。さらには遭難すれば命の危険にさらされ、「板子一枚下は地獄」といわれる危険な航海に挑みながら、新しい時代の交流を築きあげました。
北海道からはニシン、サケ、昆布などの海産品を運ばれ、代わりに京都の織物、大阪の酒、米、塩、木綿、芸術文化などが、開拓間もない北海道の生活必需品として運ばれ伝わってきました。
特に春、日本海沿岸にやってくるニシンは、当時本州において多量の肥料を必要とした綿花などの商品作物が普及するに従って、魚の油を絞った粕などの魚肥として大量に消費されました。この良質な鰊の肥料としての需要は幕末から明治中期まで増大し、北前船航海最大の交易品となりました。

こうして北海道の各港は、北前船交易で賑わい、食はもちろんのこと嗜好品、民謡、言葉などといった北前船が運ぶ新しい文化の風に人々は心を躍らせました。 明治時代中期になり、汽船の発達や鉄道網、通信の普及など近代化の波に飲まれ、1880年ごろから急激に衰退しましたが、その足跡は現在も日本海沿岸の港に息づいているのです。

北前船の歴史

北前船は、幕藩体制の整備や商品経済の全国的発展を背景に、江戸後期に隆盛期を迎えた民間の運送船。大阪から北海道まで、日本海と瀬戸内海を往復し ていた。荷物を運ぶ運賃を利益とするのではなく、港々で産物を買い入れ、価格の高い土地に運んで高く売る「商社」のような経営方法を特色とした。最盛期に は、千石船(約150トンの米を積載可能)で一航海するだけで、船の建造費に相当する千両の儲けがあったといわれる。汽船の発達や鉄道網、通信の普及など 近代化の波に飲まれて、1880年ごろから急激に衰退した。

北前船の特長

「弁財船」と呼ばれる一枚帆の和船を発達させていった。船の長さ(20-30メートル前後)などで決まる出入港税を安くするため、船首と船尾が反り上がっているのが特徴です。荷物をたくさん積めるように、幅が広い「ずんぐり」とした形になっている。

北前船と北海道

北海道から移出される産物の大半が日本海を経て京阪に運ばれていた。稲作が定着していなかった北海道からの移出品は、関西を中心に各地の郷土料理に 欠かせない昆布やニシンなどの海産物が占めていた。特に、肥料として使われる安価なニシン粕は需要が高く、急速に発達していた西日本の農業を大きく支え た。北海道の人々は大切な収入源のニシン(鰊)を、「ニシンは魚に非ず、米である」という思いを込めて、「鯡」とも表記したという。ニシン粕を肥料に育て た綿の衣料は、北前船で日本海沿岸に運ばれた。着古した綿製品を裂いて織った「裂き織り」と呼ばれる再生衣料が今も各地に残されている。

Filed under: —