北海道立文学館主催「現代版北前船共催展示」を終了しました

お蔭さまで多くの入館者をもって、北海道立文学館主催、現代版北前船共催展示を終
了しました。
ツアーでの来館者、親子連れでの夏休みワークショップ参加者、北前船の歴史に興味
のあるご年配の方々など多くの方をお迎えする事が出来ました。
「北前船あれこれ物語」の講師を務めて下さった鐙 啓記氏、そして展示品を快くお
貸し頂いた利尻屋みのや様、田中酒造様、小樽市立博物館など
いろいろな方に支えて頂き、無事、終了しましたことをここに御礼申し上げます。
会期までの準備の膨大さを振り返ると、1か月の会期はアッという間に過ぎ去った気
がします。
北海道立文学館の担当学芸員の阿部さん、喜多さんも全力で、「過去」と「現代」の
資料を行き来して下さいました。

今後、全国巡回の旅に出ます。

まずは、道内そして道外と、多くの方にあべ弘士さんの絵本原画という「現代版俵
物」を見て頂ければ幸いです。
展示希望も受け付けていますので、ホームページまでお問い合わせください。

有難うございました。    現代版北前船プロジェクト 副委員長 明楽みゆき

20110823making3

20110823making1

20110823making2

Filed under: 事務局近況報告